【廃車ラボ】に関する≪よくある質問≫

【廃車ラボ】に関する≪よくある質問≫

<Q>引取り可能時間が朝早く、もしくは夜遅いのですが、引き取りは可能でしょうか?
事前にご相談いただければ大丈夫です。 ご本人以外のが方(ご家族)が立ち会っていただければ引取ります

 

<Q>カギを無くした車でも引取ってもらえますか?
もちろん可能です。しかし、車の所有者であることを証明していただきます

 

<Q>撤去が困難な不動車ですが料金はそのままですか?
基本的な引取りの場合、料金は変わりません。しかし、撤去に特殊な作業が必要な場合、料金が異なる場合もございますのでご了承下さい。 詳しくはお問い合わせ下さい。

 

<Q>抹消するのに費用はかかりますか?
費用はかかりません。私どもで費用を負担させて頂き、さらに買い取らせて頂きます。

 

<Q>車検証に記載してある住所と、現在の住所が異なるのですが?
住民票が必要になります(自動車を登録した後、引越しなどで1回だけ住所が変わった場合)。 引越しなどで2回以上住所が変わった場合は、住所移転の経緯がわかるように戸籍の附表(本籍地の役所で取得)が必要となります。

 

<Q>所有者が信販会社、ディーラーになっている場合は廃車できますか?
可能です。その場合、所有権解除手続が必要になります。

 

<Q>自動車税を一部、未納ですが抹消手続きできますか?
抹消手続き後、その年の4月から廃車した月までの自動車税の請求書が自動車税事務所から送られてきます。その時にお支払いください

 

<Q>車検証をなくしてしまったのですが、廃車できますか?
陸運局で「車検証」を再発行の手続き完了後に抹消登録となります。

 

<Q>所有者ではないのですが、引き取っていただけますか?
所有者ご本人様の確認が取れれば可能です。

 

<Q>解体証明書は発行してもらえますか?
もちろん発行可能です。

 

<Q>他県ナンバーの車を今の住所の近くの陸運で手続きできますか?
車の登録地の陸運でも、住民票のある地区の陸運局でも、どちらでも可能です。

 

<Q>車のローンが残っている場合は買取りできますか?
お車の車検証に記載してある所有者がご本人であれば手続き可能ですが、ローン残債がある場合、 残債のご清算後、所有権解除の手続きが必要となります。

 

<Q>自動車リサイクル法との関係は?
自動車リサイクル法とは、使用済み自動車から排出されるゴミを減らし、資源を有効活用する循環型リサイクル社会を構築するために車のリサイクルについて自動車メーカー、関係業者(引取り業者・解体業者・破砕業者etc)に対して、自動車の所有者の役割を定めた法律です。
所有者はリサイクル料金の支払いが義務となり、車は自動車リサイクル法の定める引き取り業者が自治体登録業者に引き渡すことが必要になりました。
<※>【廃車ラボ】がきちんとこの法律に基づいて手続きするので大丈夫です。

 

<Q>自動車重量税(国税)還付制度ですが・・・?
解体された自動車は、自動車リサイクル法上の電子マニフェストにより解体の通知が確認された場合に、解体の届出と還付申請手続きをすることにより、車検の残り期間に相当する重量税が還付されることになりました。
(ただし、車検の残期間が1ヶ月未満のとき、自動車を輸出したときは対象外)
<※>還付対象であればちゃんと戻ってくるから大丈夫。安心ですよ。

 

【廃車ラボ】の詳しい内容はコチラ